失敗しない為に

置かれた工具

養生さえしっかりやっておけば

壁のリフォームと言えば、塗料を塗ったり塗り壁材を塗ることでしょう。現在は、DIY向けの商品がたくさん登場し、素人でも気軽に壁のリフォームができるようになりました。確かに、壁を塗ること自体はそれ程難しくないのです。しかし、養生をしっかり行わないと、汚したくない部分が汚れるので注意しましょう。 塗り面以外には塗料を付けないようにしなくてはいけません。最近は、質の高い汚れ落としがあるので、汚れたら拭けばいいと思うでしょう。しかし、汚れを落とすよりも付かないようにする方が簡単です。 養生がしっかりできれば、壁のリフォームは成功するとさえ言われています。それだけ、養生が重要になると言うことを肝に銘じておきましょう。

面倒と思わないことが大切

壁のリフォームには養生が欠かせないですが、できる限り家具などは移動させましょう。移動させるのが面倒だから養生シートで覆えばいいと考える人も多いです。しかし、作業スペースを確保するためにも、万が一にも汚さないためにも家具はどけることです。 また、部屋にはスイッチプレートやコンセントがあるでしょう。これらは、壁のリフォーム時には邪魔になります。マスキングテープで覆ってもいいですが、外した方が安心して作業ができます。ドライバーで外せばいいだけなので面倒ではありません。 カーテンレールも同じで、外しておいた方が作業がしやすいです。カーテンレールがそのままなのと外したのとでは、作業のしやすさの違いに驚くでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加